家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

母子家庭(シングルマザー)の減免・割引制度


-PR-

母子家庭(シングルマザー)の減免、割引制度

シングルマザー

何らかの理由で母子家庭になった場合、やはり一番の問題が金銭的な問題。日本の雇用条件も同じ仕事でも女性の賃金が大幅に少ない傾向がある中で、生活していく上での支出は変わるものではありません。こういった現状を踏まえてシングルマザーの負担を少しでも軽減してくれる減免や割引制度を紹介します。

 

所得税、住民税の減免制度

シングルマザー

寡夫控除とは、納税者本人が寡夫の場合に受けられる所得の控除です。寡夫にあてはまる人とは、次の条件を全て満たしていることが必要です。

・妻と死別、あるいは離婚後に単身で生活している人や妻の生死が不明な人。
・生計を同じくする子どもがいる人で、その子どもの総所得金額が38万円以下の場合。
・合計所得金額が500万円以下の場合。

条件を満たしていると、住民税から26万円と所得税から27万円を控除することができます。

 

 

国民年金・国民健康保険の免除

シングルマザー

国民年金には所得が少なく保険料を納めることが困難な場合のみ、本人の申請によって保険料を全額、もしくは半額免除する制度があります。

国民健康保険は、所得が基準以下の家庭、退職や倒産など何らかの理由により収入が大きく減少した場合に保険料の支払いが困難なときには、保険料を減免できる場合があります。

 

 

交通機関の割引制度

シングルマザー

母子家庭や父子家庭などは交通機関の割引制度があります。これは意外と知られていないのが現状です。児童扶養手当を受給している世帯は、JRの通勤定期乗車券が3割引きで購入できます。また、公営バスの料金が無料や割引になるものもあります。

 

 

粗大ごみ等処理手数料の減免制度

シングルマザー

児童扶養手当を受けている世帯には、粗大ごみ等処理手数料の減免制度があります。しかし、各自治体によって条件はかわりますので、詳細はお住まいの自治体に問合せてみて下さい。

 

 

上下水道の減免制度

シングルマザー

児童扶養手当を受給している世帯には、水道基本料金や料金の一部が免除される場合があります。こちらも自治体によって制度がありますので詳細はお住まいの自治体に問合せてみて下さい。

 

 

非課税貯蓄制度

シングルマザー

預金や郵便貯金、公債(国債、地方債)などの元本350万円までの利子所得で課税される所得税(通常15%)と住民税(通常5%)を非課税にできる制度です。通称マル優。こちらもあまり知られていない制度です。お取引している金融機関にお問合せしてみてください。

 

まとめ

 

母子家庭を支援する制度として、各自治体ごとに保育料の免除や減額があります。 制度自治体によって異なりますので、詳細はお住まいの地域の自治体に確認してください。



このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フクロウカレー睦堂

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS