家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

あなたの夫は大丈夫?DVする男の特徴と心理


-PR-

DVをする男に共通している特徴

DVをする男

男性というのは、基本的に建前のプライドが高い傾向があります。他人に見下されたり、屈辱的な感情を味合わされたりするといつまでも根にもっていたりしています。

プライドが高いことは良いことです。目標や頑張りにつながり、また羽部身になるのも事実です。しかし、それが恋愛となると別問題に発展します。そして感情のハケ口が女性に絶対的に勝る暴力に代わることがDVになっています。

 

 

女性優位と夫が劣等感を感じてる場面はありますか?

DVをする男

男性はプライドが高いことはお話しましたが、そのプライドをコントロールせずに劣等感を与え続けてはいませんか?それは言葉などではなく、「喧嘩時の論破」「共働きの場合は妻の方が収入が多い」「学歴」「容姿」など。

どうしようも無い内容もありますが、男性は言葉に出さなくても深層心理のなかに劣等感を抱いている場合が多いです。

だから、ケンカなどになる場合は、人間性を卑下したり見下したりするような言動は避けましょう。DVの始まるきっかけを作ってはいけません。

暴力で相手に勝てて制圧できると勘違いすると、ケンカや口論のたびに暴力でしか表現できないDV男になってしまいます。

 

 

間違いを認めない

DVをする男

自分のミスや間違いを素直に認めない男性はDVになる傾向があります。すぐに誰かのせいにしたり言い訳をしたり間違えた理由を説明したりする男性は危険信号です。

こういう男性は一緒に居てもイライラしますが、それを直線的に攻撃したり反省させようとするのは逆効果です。遠回しに非を認めさすようにアプローチしましょう

 

 

店員への態度が横柄。

DVをする男

たまに見かけます。敬語も使わなければ横柄な態度や高圧な口調で定員に接する男性。これは女性の前で強い男性像を見てもらおうと背伸びをしているのですが、女性が客観的に見たら恥ずかしいですね。

店員さんなど、弱い立場の人に対してはすごく高圧的にものを言うのです。それが小心者だと本人は気づいていません

また、この小物感が出る人物は幼稚で社会経験が少ない傾向が見られます。人の上に立って人材の育成をした経験が少なく、人の感情をくみ取る能力が長けていない。しかし、虚像のプライドだけが先に出てしまい、立場的に弱い人だけを攻撃してしまうのです。

これは家庭内に当てはめると妻や子供になります。攻撃対象が閉鎖的な家庭内の環境で言葉や肉体的な暴力を一方的に浴びせてくる兆候が出るようであれば早い段階で外部に相談することを考える必要があります。

 

 

まとめ

DVをする男

精神的に未熟で、言葉の表現力が乏しい男性はDVになる傾向が強いです。これは言葉では思いを伝えることが難しく、相手に論破されてしまい、その怒りの矛先が相手を傷つける「暴力」でしかないと短絡的に判断するからでしょう。

しかも、一度暴力で相手を支配できたと感じられたら、どんどんエスカレートしていきます。もし、夫に暴力を少しでも振るわれたら早い段階でメンタル的な処置をしましょう。慢性化してからでは改善は難しくなります。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フクロウカレー睦堂

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS