家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

発達障害の特徴や原因や療育


-PR-

発達障害とは

発達障害

発達障害といわれているものは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発育や発達の遅れです。まれに精神障害や知能障害を伴う場合もあります。

この発達障害というのは、症状の特徴によって分類され、またまれに他の発達障害を合併する事例もあります。

発達障害の原因

発達障害

現段階では確定的な原因は判明していません。発達障害の原因は脳機能の障害とされていますが、なぜ脳機能障害が起こるのかということが解明されていないからです。

わが子に発達障害が発覚してから、自分を責めてしまう母親も多くいますが、これはしつけや育て方、環境などが原因ではありません。

 

発達障害の特徴

発達障害

発達障害の特徴は、先に述べた通り「先天性の障害」ということ。そして障害は一生涯にかかわるということ。そして生まれてすぐではなく、発達の過程で現れてくるということです。

 

発達障害の種類

発達障害

発達障害は、発達障害者支援法により以下の定義付けになっています

広汎性発達障害

学習障害(LD)

注意欠陥多動性障害

の3種類です。

そして、自閉症やアスペルガー症候群は広汎性発達障害に含まれます。

アスペルガー症候群

トゥレット症候群

学習障害(LD)

注意欠陥多動性障害(ADHD)

このように、同じ種類の発達障害であっても、各障害の症状はさまざまで、また個人差もあります。

 

主な障害の症状

発達障害

各障害の症状ですが、必ずしも全てに該当するわけではありません。いくつかの種類の特徴を持ち合わせている場合も多くあります。

広汎性発達障害の特徴

広汎性発達障害にはコミュニケーション・対人関係・社会性の障害、行動にパターン化が見られるという特徴があります。
また、記憶力がとても優れている場合もあります。

学習障害(LD)

知的な発達に遅れがない場合が多く、聞く・読む・書く・計算するなどの能力の一つまたはいくつかを身につけることに困難が生じます。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)

特長には不注意(集中力がない)・他動性(じっとすることができない)・衝動性(善悪を判断せずに行動してしまう)などがあります。

 

軽度発達障害とは?

発達障害

発達障害とは、知的な障害が無い(もしくは軽度の知的の障害)場合には「軽度発達障害」と呼ばれることがあります。しかし、障害が比較的軽いと判断されても生活の不便さが軽減される事とは一致しません。この「軽度」という言葉が適していないと各所から指摘をされ、最近では「軽度発達障害」という言葉は使われなくなっています。

 

発達障害の療育

発達障害

療育とは治療ではなく、その人の持っている力を引き出し、充実した生活を送れるようにするための支援・援助であり、さらには社会的な自立への支援・援助です。

何かが出来るように無理な訓練をしたり、症状の改善のために何かを強制や教育をするのではありません。
その人の症状と受け入れられる心境に合わせた支援や援助を行っていくものです。

療育の専門家のもとで受けられる療育プログラムが組まれた通信教育などがあります。しかし、そのマニュアル通りにするのではなく参考としてとらえ、その人に合った療育を行うことが非常に大切です。

そして、無理やりやらせるようなことは絶対にしないでください。それは逆効果となってしまうだけです。

まとめ

発達障害

発達障害を持つ人には、その障害の内容や度合いによって適切な支援が必要です。
適切な療育を行わないと、二次障害を引き起こす要因にもなります。
二次障害とは、不適切な対応によって心が疲れ、自信の喪失、不登校、ひきこもり、うつ状態などがあげられます。

そして、この二次障害とは先天性ではなく、周囲の対応や環境によって生じる後天的な障害となってしまいます。



このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フクロウカレー睦堂

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS