家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

大人の発達障害について


-PR-

おとなの発達障害の特徴

大人の発達障害

発達障害とは子供だけの障害ではなく大人にも発症する障害です。医学的な分類では脳機能障害の一種とされています。

発達障害と診断される人の特徴は、他人とのコミュニケーション不足や、普通の社会生活を送ることに困難を感じる場合が通常の人以上に強い傾向があります。発達障害の特徴として

  • 先天的なものである
  • 完治はできないが緩和させることは出来る。
  • 100人に数人の割合で生じる。
  • 多くの場合は知的障害を伴わない。

などです。

 

 

診断名の不整合

大人の発達障害

発達障害の分類として、「ADHD」「自閉症スペクトラム」「アスペルガー症候群」「広汎性発達障害」などの様々な病名が使われています。しかし、この病名は科学的な根拠はなく診断した病院・クリニックの定義もしくは医師の判断で異なる場合があります。

それは誤診という意味ではなく、症状が併存しているため、その時の強く表れている症状を診ての判断だと思います。また、患者の年齢・環境・状況などでも年月が経てば変わることも特例ではありません。

診断名にかかわらず、医師の判断と処方で心配する必要はありません。

 

 

大人の発達障害での種類別特性

大人の発達障害

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)

その場その時の状況判断の欠落、相手の気持ちに対する鈍化、物事の先に起こることの想定が出来ないなど。思い込みが強く、認知や理解のズレが発生しやすい。

ADHD(注意欠如多動性障害)

注意力や関心などの気持ちの切り替えが出来ない。その場の思い付きで行動する傾向が強い。単純な多い。優先すべき事を出来ず、思いついた事に集中してしまう。

LD(学習障害)

指示や相談の飲み込みが遅い。特定の事を何度やっても試行錯誤が無いので上達しない。数式の比率・割合などはイメージ出来ない。説明書などを読んでも理解できない。

 

 

大人の発達障害の診断基準

大人の発達障害

大人の発達障害の診断は一般的に、米国精神医学会による精神疾患の分類と診断のマニュアルと基準である「DSM-V 」によって行われます。

心理テストを行い、IQを構成する各項目の要素で凸凹の差があれば発達障害を疑い診断時に重要視します。

 

診断基準として

  • 心理テストで凸凹があること。
  • 幼少から発達障害の特徴が続いている

ただし、情緒が不安定なときは誰でもあるので、医師はその場で診断を断定させることはありません。それは患者の心理的な配慮も含め「要観察」や「傾向がある」程度の曖昧な言い方をする場合がほとんどです。

 

 

まとめ

大人の発達障害

大人になり発達障害と診断もしくは傾向があると医師から伝えられたら、まずは家族と相談し生活環境の改善を考えてください。

発達障害は完治することは困難ですが、悪化や他の病気の併発を抑えることが大切です。すぐには無理でも転職や引っ越しなども視野にいれてみるのも必要かもしれません。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS