家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

主婦は鬱病になりやすくなる傾向がある


-PR-

男性より女性の方が鬱病になりやすい

鬱病 うつ

精神科医の著書を数多く読むと、ほとんどの意思が男性より女性の方が鬱になりやす傾向が強いと表現しています。その根拠として「女性ホルモンの働きが、鬱病の起因に大きく関係している」との事です。

女性特有の月経の周期に伴ったり、閉経時の心身の変化の時に発症するともいわれています。

 

ひと昔前は、鬱病への認識と理解が少なく、単に「やる気がない」「怠けている」「気合が入って無い」との誤認をされていましたが、昨今では医学的疾患との理解も増え、治療へのハードルが下がってきたのは大きな進歩です。

 

鬱病は珍しい病気ではない

鬱病 うつ

残念なことに、鬱病の患者数は増加傾向にあります。その背景として、ストレス社会が大きな原因とされています。

職場の問題、結婚・家族観の変化などです。ですが、単純に発症数が増えたというものではなく。社会的に鬱病の認知が増え、メンタルクリニックなどの専門医が多く開業したことによって発症を早期発見できているということもも考えられます。

うつ病は決して珍しい病気ではありません。誰でもかかる可能性があるのです。統計的に、一生でうつ病にかかる人は約15人に1人の割合だということです。

そして男女比では、なんと女性は男性の2倍との統計が出ています。

 

 

主婦特有の鬱病の種類

鬱病 うつ

女性に特有の月経や妊娠や出産といった機能が起因となって、心の変化を起こすことがあります。エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは、心身の両面に大きな影響を及ぼすのが原因で、この変調は当然、男性にはないため女性の方が鬱病になるリスクが高くなります。以下に女性特有の鬱病の種類と詳細を説明しています。

 

月経前不快気分障害(PMDD)

月経のすこし前から始まるまでの間に、諸症状として下腹痛、便秘、吐気、乳房の痛み、のぼせ、イライラなど、様々な症状が出る女性は多く見られます。
月経のある女性の大半が、そういった症状を持っていると言われています。

【 PMS 】
日常生活を送れる程度の度合いは「月経前症候群(PMS)」といいます。全体的に軽症で、月経の始まりと同時に消えていく。

【 PMDD 】
さらに重症なものを「月経前不快気分障害(PMDD)」といいます。
PMDDは、PMSと同じような症状ですが、日常生活さえもままならないほどの気分の悪化が現れます。しかし、このような症状は月経開始から数日後には消失し、そして全く普通の精神状態に戻ります。

PMDDは病気ですので、PMDDが疑われ不安に感じるようであれば、早めに専門医に相談してください。

 

産後うつ病

産後は、女性ホルモンの分泌が不安定になります。そして母親になった喜びと育児に対する不安が絡み合い鬱病を引き起こすことがあります。

出産直後に、数日の間はイライラしたり、気分が沈むことも増え、周囲の人の言動に過敏になるのも心の疲れが原因と言われています。

俗に言う「マタニティブルー」と呼ばれる症状で、通常は一時的なものですが、数ヶ月後に再発した場合は「産後うつ病」の可能性が非常に高いです。

産後うつ病は母子関係に大変危険な悪影響を及ぼす傾向にあります。子供の発達を遅らせることにもなる可能性があるので不安を感じたら早めに適切な治療をうける必要があります。

 

閉経期のうつ病(更年期障害)

閉経を迎える更年期は、女性ホルモンが非常に不安定になり鬱病になるリスクがかなり高くなります。更年期障害の症状として、不安感、自信喪失、ほてりやのぼせ、めまい、動悸、頭痛、不眠など、鬱病とまったく同じような症状があらわれます。

更年期障害の場合、ホルモン治療を行うことが一般的です。しかし、その治療は鬱病に対する効果はあまりなく、逆に不安感や抑うつ感を強める可能性もあります。閉経期に抑うつ症状が見られる場合は、専門医などの意思に相談し慎重な診断と治療が必要です。

 

 

まとめ

鬱病 うつ

まだまだ、世間では鬱病は「恥ずかしい病気」という認識が残っているます。その偏った知識が苦しんでいる患者を孤立させ、療育も治療もする機会を遠ざけているのが現状です。

せめて家族は鬱病が誰にでも起こる、ありふれた病だと理解して、焦らずに医師の判断にそって心の支えになってください。



このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フクロウカレー睦堂

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS