家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

知らないと損!出産すると貰えるお金


-PR-

知らないと損する給付金制度

出産すると貰えるお金

出産は健康保険や国民保険は使えません。そのため、出産にかかる医療費はたくさんかかります。「通常の出産ではなく入院が長引けば・・・」と不安になることもあると思います。

ですが、妊娠や出産には色々な給付金や返還制度があります。ちゃんとした出産をサポートしてくれる制度があるので、ママさんは安心して出産の事だけを考えてください。

 

 

出産でもらえるお金を申請するために必要書類は?

出産すると貰えるお金

地域や制度によって必要書類は様々ですが、給付や返還を受けるに当たって必要な書類です。

  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • 印鑑
  • 給付や返還を受けるお金を振り込む銀行の口座番号
  • 医療機関で発行される明細、請求書、領収書
  • 診断書や同意書など病院で渡された書類
  • 役所や会社から渡される書類関係

 

 

出産でもらえるお金

出産すると貰えるお金

1. 出産手当金

勤務先の健康保険に加入していて、妊娠・出産で産休として仕事を休み(産前42日、産後56日)、産後職場復帰をするという方が対象となります。給料の3分の2の金額が休んだ日給分支給されます。

 

2.傷病手当金

勤務先の健康保険に加入していて、仕事を病気やケガによって休んだ場合、連続4日以上休み、最長一年半給料が出ない場合に、給料の3分の2が支給される制度です。支払われる額は休んだ4日目から計算されます。重症妊娠悪阻や妊娠高血圧などで自宅療養が必要と判断された場合に支給されます。

 

3.医療保険

医療保険に入っている方は、帝王切開や病気で入院や手術が必要になった場合に入院給付金や手術給付金を受け取ることが出来ます。給付額などの諸条件は加入の保険会社の内容によって異なります。

 

4.出産祝い金

会社によっては子供を産むとお祝い金が支給される場合があります。会社の規定を確認してみてください

 

5.地方自治体のお祝い金制度

お住まいの地域によっては、お祝い金が支給される自治体も多くあります。金額は30~35万円くらいが相場ですが、実際には差があります。必ず管轄の自治体に確認することをオススメします。

 

 

出産で返還されるお金

出産すると貰えるお金

1.出産育児一時金

子供一人につき42万円が健康保険から支給されます。しかし、注意が必要なのは産科医療補償制度に加入していない医療機関で分娩する場合や、在胎週数が22週未満の出産の場合は40万4千円となります。そして双子や三つ子の場合は人数分支給されます。

 

 

2.医療費控除

年間(1月1日~12月31日まで)の医療費が10万円を超えた場合に確定申告をすることができます。医療費控除額は、(その年に払った医療費控除の対象になる医療費ー保険金などで補充された金額ー10万円(または総所得200万円未満の場合は総所得金額等×5%)です。

 

3.高額療養費

もし、切迫早産で入院した場合や帝王切開での出産になった場合など、1ヶ月の医療費が一定金額を超えた場合に返還されます。自己負担限度額となる金額は所得によって変わりますので病院の医療センターなどの相談窓口やお住まいの役所に確認してください

 

 

まとめ

出産すると貰えるお金

ママさんは出産だけでも不安なのに、お金の心配まですると胎児に負担をかけてしまうこともあるかもしれません。お金のことを気にせずに安心して妊娠、出産に望むためにも、出産前に準備をしておいてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加







このエントリーをはてなブックマークに追加
フクロウカレー睦堂

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS