家庭に起こる様々な悩みを解決。夫婦の問題・子育ての悩み・その他の窮地・心の疲れなど。コラム形式で情報を提供する - Nobie Hacker (ノビーハッカー) -

母子家庭(シングルマザー)の助成金制度


-PR-

母子家庭(シングルマザー)の手当金や助成金

様々な事情で母子家庭になった場合、助成や手当てを有効活用することは、金銭的な部分でも生活をしていくうえでとても重要です。ほとんどが自分で申請が必要なものが多いので注意が必要です。

主な手当金、助成金をまとめましたので、確認してみて下さい。

 

児童手当

0歳以上から中学卒業までの児童が手当の対象となります。受給額は以下の通りです。

3歳未満:月額 10,000円
3歳以上:第1子、第2子 月額 5,000円、第3子以降 月額 10,000円

 

児童扶養手当

離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当です。手当は基本の額と、世帯所得に応じて支給額から決定されます。基本の額は、次のようにして定まります。

児童が1人 – 月額41,720円
児童が2人 – 月額46,720円
児童が3人 – 月額49,720円
※以後 – 児童が1人増えるごとに月額3,000円追加

しかし所得額が制限額を超えた場合は支給されなくなります。

 

母子家庭

 

児童育成手当

18歳まで(18歳になった最初の3月31日まで)の児童を扶養するひとり親家庭が対象です。児童1人につき月額13,500円が支給されます。こちらも所得制限があります。

 

特別児童扶養手当

 

精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として支給される手当です。この手当は児童ではなく、その保護者に対して支給される国からの手当です。

2つの級のうちいずれかに該当する児童で、その父母または監護者が受給者対象となります。こちらも所得制限額を超える場合には手当は支給されません。

1級 – 月額50,750円
2級 – 月額33,800円

 

母子家庭

 

母子家庭・父子家庭の住宅手当

 

20歳未満の児童を養育している母子(父子)家庭の世帯主で、月額10,000円を超える家賃を払っている方などを対象に助成制度を設けています。

各自治体で支給条件が定められていますので、詳しくはお住まいの地域の自治体に確認する必要があります。

 

ひとり親家族等医療費助成制度

 

ひとり親医療費助成金制度は、母子家庭等に対しその医療を受けるのに必要な費用の一部を助成することにより、母子家庭等の福祉の増進に寄与することを目的とした制度です。

 

母子家庭

 

乳幼児や義務教育就学児の医療費助成

 

乳幼児や義務教育就学児の医療費助成は対象年齢の拡大や自己負担の撤廃など、全国的にその助成内容は充実しつつあります。

 

まとめ

 

各自治体などでの助成金や減免制度等を準備しています。また、そういった専門の部署や相談窓口も必ず設けられています。それぞれの受給条件をしっかりと確認して活用できるものは活用しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加







コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フクロウカレー睦堂

Governing body

リンクプロダクトラボ

Administrator

NOBIE

サイトマップ

お問合せ/SNS